JA鹿児島きもつき

JA鹿児島きもつき

新着情報

広島で特産野菜をPR!

 特産野菜をPRしようと、下小野田組合長や東串良町園芸振興会女性部の役員らが3月4日、広島市のスーパーで試食を手に販売促進を行いました。

HP用
 広島での販売促進は初。消費者に生産者の顔が見えるPRを行おうとJAが企画しました。参加者らは、県ブランドの東串良のピーマンやキュウリ、なんぐう地区のバレイショを中心にミニトマトや垂水のインゲンなども2日間かけてPRしました。用意した野菜は、全種類が完売するほど好評でした。
 会場となった㈱フレスタ上天満店の佐々木バイヤーは「通常は袋売りするバレイショやインゲンなどを、今回は盛り売りにしたことで鮮度が伝わった。鹿児島の味付けにした試食も広島市民の心をつかんだ」と手応えを語りました。