JA鹿児島きもつき

JA鹿児島きもつき

新着情報

「東串良のピーマン」選果始まる

 【鹿児島きもつき】選果されたピーマンを梱包する作業員ら

東串良選果場で3日、11月上旬の初出荷に先駆け、ピーマンの選果が始まりました。
 かごしまブランドに指定されている同町産ピーマンは、作付面積35.6㌶で生産しています。
 東串良町園芸振興会の永野敏郎会長は「先日の台風16号の影響で栽培施設の倒壊や強風で茎葉が散る被害に見舞われた。現在、生産者が一丸となって樹勢回復に努めている。高品質ピーマンの生産も並行して取り組む」と意気込みを語りました。

 同選果場では、荷受けしたコンテナを選果ブースへ運搬・反転させる機械を新たに導入し、出荷作業効率化や省力化を図っています。