JA鹿児島きもつき

JA鹿児島きもつき

新着情報

2月9日『肉の日』イベントで茶美豚をPR!!

 当JAは、2月9日(肉の日)『リナシティまるごと食フェス』に協催し、管内のイベントなどで大人気の「茶美豚のコロコロ焼き」を振る舞い、消費拡大を促しました!

茶美豚のコロコロ焼きを振る舞う下小野田組合長ら
茶美豚のコロコロ焼きを振る舞う下小野田組合長ら

 イベントは、地元産の食の魅力を発信しようと、鹿屋市が企画。親子料理教室やクイズラリーの他、「肉の日」にちなんで、地元産の鶏・豚・牛肉、魚料理の飲食店15店舗が出店。家族連れなど約6000名の来場者で賑わいました。

 

 JAは、養豚部を中心に下小野田寛組合長ら役職員8名が茶美豚のブースにスタンバイ。コロコロ焼きの振る舞いを始めると、来場者が、わずか数分で長蛇の列を成しました!

 コロコロ焼きを味わった来場者は「鹿児島黒牛が日本一になったことは知っていたが、茶美豚は初めて食べた。柔らかくて脂身に甘みがある。一口でファンになった」と味の感想を語りました。 

茶美豚のブースに並ぶ来場者ら
茶美豚のブースに並ぶ来場者ら

 

 さらに会場では、第11回全共の第9区で農林水産大臣賞を受賞した薬師成人さん『和牛日本一への道』と題したトークショーも行われました。薬師さんは、和牛生産に対する熱意や、次回大会への目標を語り、会場には大きな拍手が響きました。

肉用牛生産への熱意を語る薬師さん
肉用牛生産への熱意を語る薬師さん