JA鹿児島きもつき

JA鹿児島きもつき

新着情報

JA-SSのサービス向上を目指して

 鹿児島県JA-SSチェーン本部は9月9日、第42回ドライブウェイサービスコンテスト鹿児島県大会を開きました。

 同大会は、JA-SSのサービスや利用者満足の向上を目的に、毎年行っているもので、県内各地のJA-SS従業員22名が、高い接客技術を競いました。

 当JA管内からは、新留聴雄さん(田代SS)黒木洋佑さん(なんぐうセルフ)の2名が代表として出場。

元気よく接客する新留さん
元気よく接客する新留さん

ていねいな対応を見せる黒木さん

ていねいな対応を見せる黒木さん

 

 

 審査の結果、新留さんは7位入賞、黒木さんは12位という好成績でした。また、新留さんは、その明るさと元気の良さが高く評価され、審査員特別賞も受賞しました。

 会場で2名を応援した㈱きもつきの小濱英人課長は「緊迫した雰囲気の中で、特に黒木さんは審査順がトップバッターというアドバンテージがありながら、よく普段どおりの接客を出せた。新留さんも制限時間オーバーによる減点がなければ、間違いなくさらに上位だったと思う。今後、ますますサービス向上を目指してがんばってほしい」と2名への期待を語りました。

 

笑顔満タンのサービスにご期待ください!
笑顔満タンのサービスにご期待ください!