JA鹿児島きもつき

JA鹿児島きもつき

新着情報

「鹿屋市農業まつり」でん粉団子汁振舞いなどで賑わう

 当JAと鹿屋市は11月23日、鹿屋市の霧島ヶ丘公園で第41回鹿屋市農業まつりを開きました。イベントの中で、JA青年部やJA女性部、JAの各部署がそれぞれの特性や特技を活かし、様々なブースを展開し、市内外から訪れた大勢の来場者で賑わいました。

IMG_0291

 JA青年部鹿屋支部は、獲れたての野菜や特産のお茶の販売を行いました。全国的に野菜の価格が高騰していることから、次々と来場者が買い求めていました。

IMG_0310

 JA女性部鹿屋支部は、郷土料理の「でん粉団子汁」約1000食分を振舞い、特設ブースの前には長蛇の列ができ、みるみるうちに完売しました。味わった来場者は「おいしくて身体が温まった」と語りました。

 IMG_0268

 JA養豚部は、豚の丸焼きを振舞いました。会場にて炭火でじっくり焼き上げた豚肉は、丸々1頭を3週間以上タレに漬け込み、さらに2日間燻製したもの。会場に漂う香りが来場者の心を掴み、次々と列を成しました。

IMG_0298

 JA鹿屋支所も、管内の新鮮な野菜を販売。「紅はるか」の焼き芋も大人気でした。

IMG_0271

 和牛日本一を獲得した「鹿児島黒牛」の特売。最上級の牛肉が販売されるとあって、早朝から長蛇の列が絶えませんでした。JA畜産部とAコープ鹿児島が協力して、販売。隣のブースでは、手ぶらでバーベキューが楽しめる「肉焼まつり」も開催されました。