JA鹿児島きもつき

JA鹿児島きもつき

新着情報

「鹿児島黒牛」給食に提供 東串良町内約650食分

 当JAと東串良町は、1月17日の給食に、ブランド和牛「鹿児島黒牛」の最上級A5ランクの肉を提供し、和風ステーキに調理されて児童らの前に登場しました。
 子ども達に、地域農業や宮城全共での地元生産者の活躍に知ってもらおうと、JAの下小野田寛組合長がJA管内の各自治体に呼び掛けて実施。この日の東串良町では、幼稚園から小・中学校の学校給食約650食分に鹿児島黒牛のステーキが登場しました。

鹿児島黒牛のステーキを味わう児童ら
鹿児島黒牛のステーキを味わう児童ら
器に盛られたステーキに笑顔の児童ら
器に盛られたステーキに笑顔の児童ら

 同町の柏原小学校では、宮城全共出品者の永田客蔵さんや下小野田組合長、同町の宮原順町長らが給食に同席しました。
 同小学校3年の久保園遼奏くんは「貴重な経験だったので、しっかり味わった。想像していた以上においしかった」と喜びました。