JA鹿児島きもつき

JA鹿児島きもつき

米

早期米 主産地:東串良・串良・高山・内之浦・田代地区
普通期米 主産地:鹿屋・根占地区

 当JA管内ではコシヒカリ・イクヒカリと言う早期米品種とひのひかり・あきほなみと言う普通期米品種の栽培を行っています。
 早期米については、高山地区のコシヒカリが最も早い収穫が行われており、7月末~9月中旬まで出荷が行われます。
 その中で、認証米として高山合鴨米・田代無農薬田車米・田代減農薬田車米があり関東・福岡へ出荷されます。
 コシヒカリの特徴は、早期栽培用の良食味品種で全国で最も多い品種です。
 イクヒカリの特徴は、粒が大きく冷めても粘りが強くおにぎりやお弁当に向いている品種です。
 普通期米については、鹿屋・根占地区が多く出荷しております。
 品種については、ひのひかり・あきほなみという品種の栽培が行われております。
 ひのひかりの特徴は、極良食味品種で南日本で最も生産されている品種です。
 あきほなみの特徴は、粒が大きく食味ランキングで県内唯一「特A」ランクの品種です。

米を使ったレシピ紹介